×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NHKマイルカップ

NHKマイルカップ

NHKマイルカップ

NHKマイルカップ(えぬえいちけいマイルカップ)とは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝1600mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走です。 ※正賞は日本放送協会杯、日本馬主協会連合会会長賞。優勝杯を提供するNHKから冠名が付けられています。 1953年から1995年までの43年間、クラシック競走の東京優駿(日本ダービー)のトライアル競走として施行されていたNHK杯を前身とし1996年における中央競馬の番組改定で4歳(現3歳)の外国産馬が当時東京優駿へ出走できなかったため目標となる大レースが無く、そこで4歳(現3歳)の外国産馬の目標となる大レースを創設する目的で4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定の混合・指定の定量の重賞(GI)競走NHKマイルカップとして新設、第1回は現在と同じく東京競馬場の芝1600mで施行されました。 歴代優勝馬には日本調教馬で初めて海外のG1競走(モーリス・ド・ギース賞)を制したシーキングザパールやジャパンカップ優勝・サンクルー大賞優勝・凱旋門賞2着などの成績を残したエルコンドルパサーなど、日本内外の国際競走で活躍した競走馬が名を連ねる。 NHKマイルカップという名称が決まるまではJRAからは「マイルダービー」という仮称で広報されていた。 東京優駿が外国産馬に開放される2000年まで通称「マル外ダービー」といわれてました。 3歳(旧4歳)外国産馬にとって春競馬の最大目標と位置付けられていた。 実際に第1回から第6回まで6年連続で外国産馬が当レースを優勝したが、2002年の第7回にテレグノシスが初めて内国産馬としての優勝を果たして以降は外国産馬の優勝はありません。 この頃から競走馬の距離適性を最優先したローテーションを重視する考え方が定着したことや外国産馬に対してクラシック出走の開放が進んできたこともあり、外国産馬の最大目標という当初の位置づけから内国産馬・外国産馬を問わない3歳(旧4歳)マイル最強馬決定戦へとその位置付けが変わり2005年の第10回には桜花賞優勝馬のラインクラフトが距離適性を考慮して優駿牝馬(オークス)ではなく当レースへ出走し優勝している。 2001年に外国産馬へのクラシック開放が実現すると本競走を東京優駿の前哨戦にする陣営もある他、中山競馬場の最終日のため荒れた馬場で行われる皐月賞を回避して当レースから東京優駿へ向かう陣営もある。 過去には第6回優勝馬クロフネ、第7回優勝馬テレグノシス、同3着馬タニノギムレット、第9回優勝馬キングカメハメハ、第13回優勝馬ディープスカイなどが本競走から東京優駿に出走しておりタニノギムレット、キングカメハメハ、ディープスカイは東京優駿を制覇している。 桜花賞・皐月賞・優駿牝馬(オークス)・東京優駿(日本ダービー)・菊花賞のクラシック競走及び秋華賞のうちのいずれか2つのレースと絡めて、変則三冠競走と扱われる場合がある。 出走資格はサラ系3歳(旧4歳)のJRA所属の牡馬・牝馬の競走馬及び優先出走権及び出走権(ファルコンステークス・桜花賞・皐月賞の2着以内入賞馬及びマーガレットステークスの優勝馬)を得た地方所属の牡馬・牝馬の競走馬(5頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)でクラシック競走同様、?馬の出走は不可[2]。未出走馬・未勝利馬は出走できない。 負担重量は定量で牡馬は57kg、牝馬は55kgである。 2012年度現在の総額賞金は1億7520万円で1着賞金9200万円、2着賞金3700万円、3着賞金2300万円、4着賞金1400万円、5着賞金920万円と定められている。 現在の優勝レイは赤色地に金色文字で、「NHK」の部分はNHKのロゴデザインがそのまま引用されている。

クラシック並み熱い戦い 東京芝1600m〔Aコース〕

良馬場ならば32秒台の時計も
2回東京開催の6日目に行われる3歳最強マイラー決定戦。今年の2回東京開催は全12日間の日程となっていて、前半6日間はAコースが使用される。よってNHKマイルCはAコースを使用。これは例年通りだ。Aコースは幅員が31〜41mと最も広く、04年以降は同コースで行われている。芝は野芝にイタリアンライグラスをオーバーシードした状態。馬場は全体的に良好だ。先週ダイワズームがスイートピーSでマークした勝ち時計は1分48秒1。例年並みの好時計が出てていた。本番は良馬場ならば1分32秒台の時計が楽に出そうだ。

安田記念同様の消耗戦
スタート地点は向正面の2コーナー出口。Aコース時は最初の3コーナーまで約540mある。下り坂のスタートで、バックストレッチの中間まで下り、そこから急な上り坂。約60m平坦を走り、3コーナー手前から3〜4コーナーの中間まで再び下り坂。平坦の4コーナーのカーブを曲がり、ホームストレッチに入って間もなく約2mの勾配の、最後の坂。ゴール前の直線は、仮柵の位置とは関係なく、525.9mとなっている。 基本的には前半から非常にペースが速くなる。3コーナーまで直線が長く、前半600m通過は33秒台となることもめずらしくない。3〜4コーナーでペースが少し落ちて、馬群が凝縮。最後の直線へと向かう。ラスト600mから400m、400mから200mでは11秒台のラップが刻まれ、スピードと瞬発力が必要になる。そして、残り1ハロンは時計がかかる。前半からペースが厳しく、最後は脚が上がる。古馬の安田記念同様の消耗戦と言っていいだろう。

上がり最速馬が好成績
芝1600mがベストというタイプの馬でももちろん良いが、中距離もこなせるタイプでも通用する。最後に脚が上がる競馬なので、一気の差しも決まりやすい。04年以降、メンバー中最速の上がりを使った馬の成績は【6.1.0.1】で勝率75.0%、連対率85.0%という好成績。1番人気で勝利したキングカメハメハやダノンシャンティ、17番人気で大穴をあけたピンクカメオも該当。09年のワンカラットのみ最速上がりを使いながら馬券に絡むことができなかった。枠順の有利・不利はないと思われるが、過去10年のNHKマイルCは7枠が【4.2.2.22】で最も好成績。

1年に1度の特別配信

メルマガ登録
メールアドレス
年齢
レース名
レース名は変更しないで下さい。
powered by 特別メール配信
フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング